カラーリンスタイプの毛染めのメリットとデメリット

「白髪が増えてきたけど白髪を染めるのは面倒」と思っていませんか?

 

そんな毛染め初心者の男性には「カラーリンス」がおすすめです。

 

カラーコンディショナーとも呼ばれるタイプの毛染めで、男性向けにはカラーリンス、女性向けにはカラーコンディショナーと呼ばれることが多いようです。

 

扱いが簡単で手間も少ないのがカラーリンスの特徴。実際に私自身も最初に使った毛染めはカラーリンスで、シャンプーついでに面倒なく染められるのが気にいっています。

 

反面、使い続けてみてデメリットも何点か分かってきました。

 

今回はそんなカラーリンスのメリット・デメリットについてご紹介します。


カラーリンスのメリット

  • シャンプーのついでに手軽に使うことができる
  • 髪や地肌を傷めずに白髪を染めることができる
  • 素手で使えるので手間がかからない
  • 徐々に白髪が目立たなくなるので周りにばれない
  • 黒髪を染めることがないので染めムラになりにくい

 

シャンプーのついでに手軽に使うことができる

 

シャンプーついでに毛染め

カラーリンスのメリットの一番は、とにかく手軽に使えて手間が少ないことです。シャワーや入浴のときに手軽に毛染めができます。

 

普段どおりシャンプーをして、軽く水気を切ったら、カラーリンスを手に取り髪全体に伸ばすだけ。5分ほど放置して洗い流せば、その後のリンスやコンディショナーも不要です。

 

ヘアカラータイプの毛染めのように1剤と2剤を混ぜ合わせる必要もありませんし、ブラシを使う必要もありません。

 

放置時間はありますが、通常のリンスやコンディショナーとほとんど変わらず使うことができますので、生活のリズムを変えることもなく気軽に染められます。

 

髪や地肌を傷めずに白髪を染めることができる

 

アドバイスする男性

手軽に使えることも重要なことですが、実は重要度ではこれが一番ではないかと思っています。

 

ヘアカラータイプの毛染めの場合、アルカリ剤を使ってキューティクルをこじ開け、髪内部のメラニン色素をブリーチしてからカラーを入れていきます。

 

そのため一度できれいに髪が染まりますが、その分髪が傷みやすく、毛染めをした後のパサつきや切れ毛の要因にもなってしまいます。

 

カラーリンスの場合は、キューティクルを開くことなく、髪の表面にカラーをつけますので、髪を傷めることがありません。

 

また刺激性の染料が使われていませんので、地肌に付着しても地肌を傷めることがありません。実際に毛染めをするときには、べったりと地肌に塗ってしまうと地肌が染まってしまうことがありますので、なるべく地肌には付着しないように注意はしますが、ヘアカラーのように神経質にならずに染められます。

 

素手で使えるので手間がかからない

 

素手で毛染め

ヘアカラーで面倒の大きな部分は薬剤が髪以外の部分に触れてはいけないところ。刺激が強いため地肌にも付着しないように気を遣いますし、素手で使うこともできません。

 

シャンプーをしてから、髪を染めるためにわざわざ手袋をはめなければならないのはやはり面倒です。

 

その点、カラーリンスであれば、リンス代わりの使い方をしますので、基本的には素手で使えるものが大半です。

 

毛染めは使い始めれば定期的に使うものなので、この一手間あるかないかは大きな違いになります。

 

徐々に白髪が目立たなくなるので周りにばれない

 

カラーリンスは染毛力が弱いのが一つの特徴です。ヘアカラータイプの毛染めのように一度でしっかりと色をつけることができません。

 

これはある意味デメリットでもありますが、使っていくうちに徐々に染まっていきますので、染めた次の日に急に髪の色が変わることがなく、周りの人にも毛染めをしたことを知られる心配がありません。

 

ヘアカラーの場合は、ある日突然髪が真っ黒、その後生え際が徐々に白くなってきて、またある日突然真っ黒、といったサイクルですが、カラーリンスの場合は、もう少し短いサイクルで染め直しをしますので、生え際の白髪も目立つことなく、常に自然な髪色が維持できます。

 

黒髪を染めることがないので染めムラになりにくい

 

ヘアカラータイプの毛染めの場合、白髪も黒髪もアルカリ剤を使って一旦髪のメラニン色素を分解して髪の色を抜いてからカラーを入れますので、黒髪も思い通りの色に染めることができます。

 

黒髪も染まってしまうだけに、髪全体にうまく塗らないと黒髪部分に色ムラや濃淡が出てしまうとことがあります。

 

カラーリンスの場合は、キューティクルを開かず髪の表面にカラーをのせるように色付けします。白髪だけでなく黒髪にもカラーはのっていますが、元の髪色が強く出るため、黒髪は染めたカラーがほとんど発色しません。

 

白髪部分をきれいに染めていないと染め残しが出ることはありますが、黒髪はそのまま色が変わらないため、髪全体で変な染めムラにはなることは少ないです。

カラーリンスのデメリット

  • 一度では完全に染まりきらない
  • 黒髪は染めることができない
  • カラーの持続日数が短い
  • トリートメント効果は高くない
  • シャンプー後のタオルドライがやや面倒

 

一度では完全に染まりきらない

 

素手で手軽に使えるカラーリンスですが、その分染毛力は弱く、ヘアカラータイプの毛染めのように一度でしっかりと染まることはありません。

 

髪質にもよりますが、3回ほど連続使用が必要です。染まりにくい髪質の方や髪の太い方の場合は、もう少し回数が必要で5〜6回程度かかる方もいます。

 

「明日予定があり白髪のままではマズい」「今すぐ白髪をきれいに染めたい」といったときなど、即効性を求めている場合には、カラーリンスでは間に合いませんので、ヘアカラータイプの毛染めを使いましょう。

 

黒髪は染めることができない

 

メリットの部分でも少し触れましたが、カラーリンスはキューティクルを開かず髪の表面にカラーをのせるように色付けしますので、黒髪は元の髪色が強く出てしまい、染めたカラーがほとんど発色しません。

 

そのため、ヘアカラータイプの毛染めであれば、例えば、黒髪の方でも髪全体を茶色に染めることができますが、カラーリンスの場合は、黒髪部分は茶色にならず、白髪部分だけが茶色く染まることになります。

 

そのため、カラーリンスの場合は、髪全体をどの色にしたいかでカラーを選ぶのではなく、黒髪部分に近い色合いでカラーを選ぶと染めた白髪と黒髪の差が出ないので違和感なく染まります。

 

カラーの持続日数が短い

 

カレンダー

カラーの持続日数が短いのもカラーリンスのデメリットの一つです。ヘアカラーであれば1ヶ月ほど、カラートリートメントであれば長いもので10日ほど色持ちしますが、カラーリンスの場合は3〜4日ほど。週に2回程度染め直しが必要です。

 

シャンプーをするたびに色落ちしていきますので、定期的に染め直してカラーを維持する必要があります。この点は手間が増えてしまいますが、週に2回程度の頻度で使用しますので、生え際の白髪も目立つこともなく自然な髪色がずっと続きます。

 

トリートメント効果は高くない

 

カラーリンスは、シャンプー後のリンスやコンディショナーのかわりに使いますが、トリートメントの効果は限定的です。あくまでも髪の表面に膜を作り、髪を滑らかにしたり、キューティクルの傷みを保護する働きをしますが、髪の内部には浸透しません。

 

最近では、髪の内部に作用するトリートメント成分が配合されたヘアカラートリートメントも多く販売されており、髪の傷みが気になる男性や髪のコシやハリが減ってきたと感じている男性であれば、カラーリンスよりもヘアカラートリートメントタイプを使っていただいたほうが良いかもしれません。

 

シャンプー後のタオルドライがやや面倒

 

シャンプー後のタオルドライ

これはカラーリンスを使っていて気になったというか面倒に感じたところなのですが、シャンプーをした後に一旦タオルで頭を拭かないといけません。

 

普段コンディショナーを使っていますが、シャンプーをした後は特にタオルで拭かず、軽く手で髪の水気を切るだけでコンディショナーを使っていましたので、このタオルドライは少し負担に感じます。

 

一度タオルドライをせずにカラーリンスを使ってみましたが、染料が薄まるせいか、染まり具合はかなり悪くなっていましたので、きちんと水気を取りきったほうが良いようです。

 

全体的に手間の少ない毛染めですが、このタオルドライの一手間はマイナスポイントです。